宮岸会計税理士法人・税理士・公認会計士・相続税〜京都市中京区〜

Adviser

顧問契約・業務受託の流れ

  1. お客様からの事前のご連絡

    @事前のご連絡(TEL、Fax、Mail)

     まずは、ご相談事項やお悩みの事項を簡単にお伝えください。
    より詳しく具体的なお話をご希望となれば、対面による打合せ日を設定いたします。

  2. 対面による打合せ・協議

    A対面による打合せ(お客様がご来所ないし当方がお伺い)

     ご相談事項、お悩み事項について、お客様から具体的なお話をお聞かせいただきます。その内容を踏まえ、対応策、解決策についてご一緒に協議いたします。

  3. お悩み事項の解決方法のご提示

    B解決方法のご提示(当日ないし後日)

     ご相談、協議の内容を踏まえ、お悩みに対して、ご対応、ご解決方法をご提示いたします。

  4. 顧問契約のご締結

    C顧問契約のご締結(当日ないし後日)

     ご解決方法の提示を踏まえ、往査方法(ご訪問、ご来所、郵送対応など)、往査頻度(毎月、四半期、半年一回など)、顧問報酬金額等をご相談の上で最終決定し、契約の締結となります。

  5. 往査・業務の開始

    D往査開始

     ご契約内容に応じて、業務をスタートいたします。(初年度につきましては、お客様にご不都合がなければ、毎月往査にて十分な対応をさせていただきます。)

  6. 顧問先様にとってベストなスタイルに柔軟に対応

    Eベストなスタイルへ柔軟対応

     その後、往査状況を見て当初の契約内容にとらわれず、顧問先様に合ったベストなスタイルへと柔軟にご対応いたします。

     宮岸会計税理士法人では、 「明るく・誠実・丁寧に」をモットーに顧問先様の身近な存在であることを目指しております。そのベストパートナーが当事務所とお考えいただけ、お客様との良きご縁となりましたら幸いです。

toTop2 TOPへ